スポンサードリンク

癌とセカンドオピニオンについて語る!!

セカンドオピニオンとは、自分の病気に対して今かかっている医師
とは別に、第三者の専門医に診てもらい治療方法などの意見相談に
対する見解をアドバイスしてもらうことです。




現在では非常に医療が進歩して様々な治療法が生まれています。その
結果、医師によって病気に対する考え方、治療法の提案が違っていま
す。
これは、医師本人の経験や情報量が随分と違っていること、医療技術
や診療の質、その病院がもつ医療設備の違いなどにも影響されます。





これは、「医者をかえる」という意味ではなく、今現在の主治医との
良好な関係を保ちながら、複数の医師の意見を聞くということです。
日本人の気質からすると、他の医者に相談するということに抵抗があり、
まだまだ普及していませんが、アメリカ等ではあたりまえになっていま
す。
日本でも近年特に普及してきてはいます。まだまだな面もありますが、
徐々に進んでいるようです。




複数の医師の意見を聞いたうえで患者本人自身が判断するということ
が多くなっています。医療過誤のトラブルをさける上でも活用されて
います。
セカンドオピニオンという考え方は非常に大切なもので、自分の治療
方法を決める上で大きな位置をしめるものです。



私の場合も経験があります。家族が過去4人癌で治療を受けています。
かかった病院も違っていましたが、治療方法の提示も随分と違ってい
ました。



腫瘍があると分かると、直ぐ直ぐ手術をしましょうという医師がほと
んどでしたが、他の病院で診察を受けると治療法の提案が違っていま
した。
又、私と家族の場合などは病気の診断結果すら違っていました。癌だ
と言われ別で判断を聞くと違っていたりもしました。家族の場合は開
けたらただの腫瘍だったという経験すらあります。




その時に思ったことは、自分の命、自分の身体、人任せにせず、とこ
とん納得がいくまで突き詰めてみるということでした。




決して、今かかっている医者を信じるなという意味ではありません。
他の病院でセカンドオピニオンを受けようとすれば、現在かかっている
医師の診察結果は他の医者にかかる時には大きい判断材料になるわけです
から、紹介状や資料も必要になってきます。良い関係を築きながら自分に
とって一番良い結果を導きださねばなりません。




「どんなリスクがあるか」「ほかにどんな選択技があるか」を知った上
で行うことは、非常に重要なことです。セカンドオピニオンは、患者の
権利を守ると同時に医師にとっても誤診を回避するなど多くのメリット
を持ったしくみです。



是非、セカンドオピニオンを有効に活用されてください。




自分の身体、自分の命は自分で管理し、自分で守る!この気持ちを
持つことは絶対的に必要なことです。




又、癌治療には非常に多くの治療費がかかります。
日本人の死因の三大病でもあります。癌患者の数は増加の一途です。
その時の対策の為の資金も必要です。
慌てない為にも、普段から保険加入などの対策は必要となってくる事
と思います。




なにより、まず、癌に立ち向かう体を作ろう!!
自分で出来ることは自分で解決!努力です。

ガンに負けない食事療法



スポンサードリンク

脂肪が付く場所の違い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。