スポンサードリンク

シュタイナー教育と知育玩具・木製玩具の活用を考える!

シュタイナー教育とは20世紀のはじめのオーストリアの神秘思想家
ルドルフ・シュタイナーが提唱した教育思想および実践を日本で紹介す
る際に名付けられた呼称とされています。




シュタイナー教育では物質体・生命体・感情体・自我の四つの構成体
からなっていると考えられています。
四つの構成体とは以下の項目と考えられています。



「物質体」・・・ 私達の「体」そのものです。
「生命体」・・・ 引力に逆らう力(飛んだり、手を上に上げたり、
        体を動かす力)。成長や繁殖をつかさどる力です。
「感情体」 ・・・ 「喜怒哀楽」「快・不快」等の人間の持つ感情です。
「自我」 ・・・ 考えたり、言葉を話したり、「私」という意識を持っ
        ていることです。



そして、その対応年齢は以下のように考えられています。



「物質体」・・・0歳(母親から外に誕生した日)
「生命体」・・・およそ7歳くらい(歯が生えかわる頃)
「感情体」・・・およそ14歳くらい(思春期にさしかかった頃)
「自我」・・・・およそ21歳くらい。
        (一人立ちしてきたな、と感じる頃)



これらの時期に合わせて教育に使うおもちゃに関しても独自の理論が
あるとされ、温もりや芸術性をもったものが豊富に出ています。



素材にこだわり、子どもと大人の関わりを深めるための、安心で安全
な温もりある木のおもちゃを中心に、絵本・シュタイナー教育教材・
暮らしを彩るインテリア小物など子供の成長に影響するとされるもの
にこだわって、その折々にあった玩具、教育教材などを適応させて与
え使っていこうと考えられています。




木のおもちゃと言うと、天皇家の方々も愛用される程の価値を認めら
れた物になっています。知育玩具としてとても良いとされています。



又、木造の建築物が子供の精神安定や成長段階の精神育成にも大きく
関係するとされ、近年はあえて木造建築にこだわっている教育機関も
あります。それ程、木の持つ効力は素晴らしいものがあるという証拠
だと考えられます。



それらを20世紀のはじめのオーストリアの神秘思想家ルドルフ・シュ
タイナーが教育思想として掲げていたことは素晴らしいことだと思いま
す。



ドイツなどにシュタイナー理論に沿った素晴らしい設備を設けた学校が
あります。
先生方も全ての方がどの方も個性的で芸術性を持ち素晴らしい教育環境
を提供されているとのことです。


ドイツのシュタイナー系の学校で教育を受けて育った日本人男性の方が
自分の生い立ちをもとに語っていらっしゃいました。
そこの先生方もシュタイナー教育を受けて成長された方達だそうです。
感情豊かで、発想力、芸術的感覚に優れた人達であると言われてました。



日本でも、シュタイナー理論に沿った知育玩具・木製玩具は多く支持を
受け、数多く出回っているようです。
シュタイナー理論に沿った教育に関心を持つ方々、理論崇拝者は日本で
も多いようです。



何時の時代も何処の国でも関係なく、親というものは子供の事となると
一生懸命な生き物なんだな〜と関心させられます。
子供の成長と親の幸せは切っても切り離せないものなのでしょう。



このような素晴らしい玩具など、子供の心身育成に活用して、心豊かな
子供達を育てたいものですね^^




スポンサードリンク

脂肪が付く場所の違い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。